トイレが詰まる原因

トイレ

家族が毎日何度も使うトイレ、トラブルが起きてしまったらとても不便です。ですが、水回りのトラブルの中でもトイレつまりなどのトラブルはとても多いようです。そもそも、トイレつまりとはどのような症状なのかというと、これも様々あります。トイレを流した時の便器の中の水位が高く、溢れそうになってしまう症状。また便器内の水がなかなか引かない。などが挙げられます。トイレつまりの原因の大半は排水管の詰まりです。排水管の中に、便やトイレットペーパー、異物などが詰まっている場合です。最初は、なんとなく流れが悪い、ポコポコと異音がするがすこし流れているという状態です。しかし、そのまま放置しておくと急にトイレが詰まって便器から水が溢れてしまう。完全に詰まって流れない状態になりまねません。異常を感じたら早目の対策が肝心です。

業者に修理を依頼する場合

トイレ

トイレの詰まりはラバーカップ、いわゆるスッポンと呼ばれる道具があれば自分で直すことは可能です。ただし、これが使えるのは便器内に水が多く溜まっている状態で、なおかつ水に溶けるものが詰まっている場合です。便器内に水が溜まっていない場合はまた別の道具が必要になります。また、水に溶けないオムツや玩具などが詰まった場合は、ゴム手袋などをはめて手で取りだす必要があります。そう考えると、なかなかトイレつまりを解消するには困難な場合も存在します。そのような場合や、原因が分からない場合は業者に修理を依頼するのが一番安心です。

見積もりと料金

トイレ

トイレつまりを業者に依頼した場合の費用はたいてい1万円くらいからです。特殊な器具を使った場合は、それにプラスされて2万円くらいになる場合もあります。業者に依頼し、実際に現場を見てもらい、どこに原因があるのか探ってもらいます。そして、それを解消するための費用もその場で見積もってもらい、その場で金額を出してもらいます。依頼者はきちんとその場に立ち会って、見積もりに納得してから実際に修理にかかってもらうことが大事です。

広告募集中